今スグできる中国対策「在留中華圏サンプリング&口コミ施策」

2021年4月20日

株式会社アイケイ 様

目的・課題

1982年の創業以来、蓄積してきたノウハウを活かした独自のマーケティング・プロモーション戦略と、「美しく生きる」「健康に生きる」「楽しく生きる」を軸に新商品を開発し、数多くのヒット商品を生み出してきた株式会社アイケイ。海外事業では、化粧品販売も展開しており、中国・台湾でのブランディング、販路拡大を目指しています。

口コミが重視されている中国では、企業が発信する広告よりも、親戚や知人から得た情報の信頼性を重視する特徴があるといわれています。同社は現在、中国にて化粧品ブランド「B!FREE+ 碧妃俪」の販売展開をしていますが、中国のSNSにおいて「B!FREE+ 碧妃俪」に関する使用感想の投稿がまだまだ少ないことが調査で判明しました。

施策内容

そこで、アイケイは「B!FREE+碧妃俪」の中国認知度を向上させること、現地販売の後押しをするための施策の1つとして、マイナビグローバルが運営する在留中華圏ネットワーク「暢遊日本LAB(ちんゆうにほん・らぼ)」を活用したサンプリングおよび中国SNSへの口コミ施策を3か月の期間行いました。

マイナビグローバルでは暢遊日本LABに登録している在留中国人に対し、シリーズ5商品のサンプリングを実施。1週間の使用してもらったうえで、その感想を中国最大級のソーシャルメディアおよびEコマースプラットフォームである「小红书(小紅書:RED)」上にて口コミ投稿してもらいましたまた同時に、日ごろの肌トラブルや商品に対する個別アンケートにも回答してもらいました。

成果

担当者さまからは「丁寧な写真とコメント投稿ををしてもらい、満足しています」との評価をいただきました。

今回の施策では、お客様が目標とされていたRED上での閲覧数も達成したそうで、「B!FREE+碧妃俪」の認知度、魅力アップにつながったと思われます。暢遊日本LABの登録者は留学生をはじめとした若い女性層も多く、SNSとの相性も良いと考えられます。