訪日観光客ニーズ掌握のための出口調査

2021年4月20日

株式会社ルミネ 様

目的・課題

訪日中華圏観光客の来店が多いことでも知られるルミネ新宿。マイナビグローバルでは「ルミネ新宿におけるインバウンドマーケティングをより効果的に、効率的に行っていくための出口調査の実施」の相談を受けました。

2019年10月、同施設内の免税カウンターや玄関口での出口調査を実施しました。併せて行ったお得なキャンペーンチラシの配布効果もあり、無事目標サンプル数をクリアしました。

施策内容

マイナビグローバルが運営する日本在住中華圏出身者コミュニティ「暢遊日本LAB(ちんゆうにほん・らぼ)」の活動の1つに、出口調査があります。今回は東京近郊在住の中華圏出身者に対し、①本件調査日での活動が行える②中国語(ネイティブレベル)が話せる方を募集し、現地アンケート調査を実施しました。

集計の対象は訪日中華圏旅行者(中国・台湾・香港)と在日者とし、来店目的、消費動向に対する深堀のヒアリングを行いました。

成果

来店のきっかけとして、小紅書(RED)での認知・使用率が高かったことと、同店のショップカテゴリのなかでも「何を目的にして来店したのか」が出口調査を通じて把握できたことで、プロモーション施策におけるメインコンテンツの打ち出し方針も明確になったとご評価いただきました。