Loading

インバウンド ビジネス

中国語圏の訪日旅行者向けメディア『暢遊日本』をはじめ
貴社のインバウンドビジネスがさらに加速する
さまざまなソリューションをご紹介しています
資料請求・お問い合わせ

NEWS

ワタミが「NIPPON PAY」導入、1台で「WeChat Pay」「Alipay」が決済可能

ワタミは、スマートフォンを使用した決済サービス「NIPPON PAY(ニッポン・ペイ)」を、東京都内にある「和民」3店舗で試験的に導入を開始した。これにより、中国で広く利用されている決済サービス「WeChat Pay」「Alipay」に1台で対応できる。

今回の「NIPPON PAY」導入は、海外でスマートフォンを使用した決済サービスが日常的に利用され、キャッシュレス化が進んでいることを受けたもの。中国のスマートフォン決済市場で大きなシェアを持つ決済サービス「WeChat Pay」「Alipay」の両方に対応していることが特徴で、両方の決済サービスに対応していることで、外国人観光客が決済しやすい環境を整える。

スマホに表示したQRコードを読み込むだけ

海外から日本を訪れる観光客は増加傾向が続いており、2017年1~4月に前年同期比16.4%増の911万6000人と大きく増加。2016年度には、ワタミグループの外食店舗を15万5000人の外国人観光客が利用。今後は、個人旅行客に向けたインフラ整備を進めていく方針で、「NIPPON PAY」の導入もその一環。2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催に向けて外国人観光客が増えることが予想され、ワタミでは海外で広く利用されている仕組みを導入することで利便性を向上させる。

「NIPPON PAY」の利用方法は、顧客がスマートフォンでQRコードを提示し、店舗側がタブレットなどでこれを読み取ることで決済が完了する。

ワタミでは、6月12日から導入した「和民」銀座5丁目店を皮切りに、6月中に「和民」浅草雷門店、「和民」新宿東口靖国通り店といった2店舗で順次導入。3店舗ともに以前から外国人観光客が多いことから導入を決定した。

訪日客は日本のキッチン道具がお好き–ダマスカス包丁やロボット型茶こし!

外国人はそうめんに無関心!? ”ソーメン二郎”がそうめんの心得を厳しく伝授!

関連記事

  1. 東武日光駅で日光東照宮・日光山輪王寺拝観券の多言語対応券売機を導入!

    2017.05.31
  2. 中部国際空港にアリペイ導入、東名阪の国際空港全てにアリペイ導入が完了

    2017.07.12
  3. W杯ロシア大会で観戦客の半数が「非接触型決済」。Visaが消費額の国籍ランキング…

    2018.08.09
  4. キャナルペイメント、「支付宝(Alipay)」事業でJTBと包括加盟店契約を締結…

    2017.07.05
  5. 福井県永平寺町の観光案内所に国内初となる「観光案内多言語AIコンシェルジュ」を導…

    2018.08.16
  6. 話題のキャッシュレス決済PayPayとアリペイが提携

    2018.12.11
PAGE TOP