Loading

インバウンド ビジネス

中国語圏の訪日旅行者向けメディア『暢遊日本』をはじめ
貴社のインバウンドビジネスがさらに加速する
さまざまなソリューションをご紹介しています
資料請求・お問い合わせ

NEWS

NTTドコモ、訪日外国人向けプリペイドSIMサービス「Japan Welcome SIM」

NTTドコモ(以下ドコモ)は、外国人旅行者が日本滞在中に利用できるデータ通信専用プリペイドSIMサービス「Japan Welcome SIM」の提供を7月1日(※1)に開始する。

SIMカード

「Japan Welcome SIM」は、訪日前に専用サイトで申込みの上、訪日後に空港内の施設などでSIMカードを受け取り、ドコモの通信ネットワークを15日間利用できるサービス。APN設定は不要で、自らのスマートフォンやタブレットにて簡単に利用できる。

利用方法

料金プランは、無料(※2)のプラン0、有料のプラン1000/プラン1700の3つのプランを提供する。プラン0は、訪日前に、自国で対象の広告動画閲覧など(※3)をすることで、15日間無料で、データ通信(128Kbps)が利用可能となる。なお、プラン0は、2017年10月頃の提供を予定している(※4)。

料金プラン概要

また、各プランともに、高速データ通信量のチャージも可能で、広告動画を見たり、アンケートに回答することなどで、それらに応じた高速データ通信量を無料でチャージする方法と、100MB/200円(税別)、500MB/700円(税別)を購入してチャージする方法がある。

さらに、パートナーとともに新たな価値を協創する「+d」の取組みの1つとして、パートナー企業が、自社のサービスと「Japan Welcome SIM」を組み合わることで、自社の顧客に付加価値を提供できるB2B2Cの取り組みを開始する。

B2B2Cの取り組みでは、「Japan Welcome SIM」はドコモが直接、訪日外国人旅行者の顧客に販売することに加え、パートナー企業が、自社のサービスと「Japan Welcome SIM」を組み合わせることで、自社の顧客に付加価値として提供することができる。提供形態は、オプション提供型とカウントフリー型の2つのタイプがある。

オプション提供型

カウントフリー型

これにより、パートナー企業は、訪日外国人旅行者に対し、自社のサービスやコンテンツとプリペイドSIMサービスをあわせて提供することで、販売促進・利用促進に利用することが可能となる。

まずは、東急ホテルズとBooking.comとの取り組みを、7月1日から順次開始し、今後もパートナー企業を拡大していく。

(※1 プラン0の提供は、2017年10月頃の提供を予定している)

(※2 SIMカード受け取り前に一定量の広告閲覧やアンケート回答等を行う必要がある)

(※3 「Japan Welcome SIM」における訪日外国人旅行者向けの広告配信に関するシステムは、ドコモがデジタル・アドバタイジング・コンソーシアムと共同で企画・開発し、ドコモが提供を行うもの)

(※4 提供開始日等の詳細については、決まり次第、「Japan Welcome SIM」サイトで告知する)

(※5 国内の一部エリアに限る。通信速度は、技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではない。ベストエフォート方式による提供となり、実際の通信速度は、通信環境やネットワークの混雑状況に応じて変化する。また、利用する端末によって、最大通信速度は異なる)

相鉄、相鉄線全25駅でリアルタイム多言語通訳サービス導入–5カ国語に対応

訪日外国人向けの日本文化体験イベント「神楽坂夏祭り」開催–6/30~7/5

関連記事

  1. UnionPay(銀聯)、優待クーポンサービス「優計画」を日本で提供開始

    2017.05.26
  2. 「観光客はどこで何をしている?」行動解析・プロモーションパッケージ提供

    2017.06.14
  3. 3000人以上の声を反映! 「みんなの接客シリーズ」に中国語版、韓国語版発売

    2017.06.20
  4. 東京メトロ初! 外貨自動両替機を設置–千代田線明治神宮前(原宿)駅構…

    2017.06.16
  5. 中部国際空港にアリペイ導入、東名阪の国際空港全てにアリペイ導入が完了

    2017.07.12
  6. 中国、来年6月から非銀行の決済機構のネット決済は全て「網聯」経由に

    2017.08.08
PAGE TOP