Loading

インバウンド ビジネス

中国語圏の訪日旅行者向けメディア『暢遊日本』をはじめ
貴社のインバウンドビジネスがさらに加速する
さまざまなソリューションをご紹介しています
資料請求・お問い合わせ

NEWS

中部国際空港にアリペイ導入、東名阪の国際空港全てにアリペイ導入が完了

アント フィナンシャル ジャパンは、中部圏と世界、日本各地と世界をつなぐハブ空港の中部国際空港と提携し、同社が提供する「支付宝(以下「アリペイ」)」を7月11日に導入した。

日本市場に進出した最初の中国のモバイル決済プラットフォームとして、アント フィナンシャル ジャパンは、2015年10月に日本での対面決済サービスを開始。訪日中国人観光客に中国国内と同様にシームレスな決済体験を提供することを目的に、東京、大阪、京都、北海道、沖縄、福岡など、人気の高い観光地を中心に、現在2万5千以上の日本の加盟店でアリペイを通じて決済する事が可能となっている。

訪日中国人観光客にとって移動の中心拠点となることから、同社は空港を重要な導入先と考えており、2016年9月に、成田国際空港と関西国際空港にアリペイを導入し、現在両空港内の90%以上の店舗で利用が可能。さらに2017年1月には、羽田空港にも導入、いずれの空港においても、決済の提供のみならず、ビッグデータの分析やマーケティングイベントも実施しているという。

今回の中部国際空港においては、中部国際空港が運営する免税店(酒タバコ店、セントレアプラザ店)などにアリペイを導入。今回の中部国際空港への導入によって、「”日本の入り口”といえる、東名阪の国際空港におけるアリペイ導入が完了した」(同社)としている。

関連記事

海外の若者が選ぶ中国の”新四大発明”とは!?–「アリペイ」「シェア自転車」

中国政府の「ネット行動計画」で中国ネット社会はどう変わったのか!?(2)

ローソンが「アリペイ」と連携、日中ローソンが相互送客キャンペーン

訪日客の間でお菓子の”爆買い”続く–2016年は1308億円の売上げ、中国が最多

中国、80後と90後の結婚スタイルに変化–離婚に備え、結婚前に財産証明取得も

関連記事

  1. パナソニックが羽田空港の「顔認証ゲート」を公開 外国人対象のシステムも開発中

    2017.12.19
  2. キャナルペイメント、「支付宝(Alipay)」事業でJTBと包括加盟店契約を締結…

    2017.07.05
  3. 東武日光駅で日光東照宮・日光山輪王寺拝観券の多言語対応券売機を導入!

    2017.05.31
  4. 「観光客はどこで何をしている?」行動解析・プロモーションパッケージ提供

    2017.06.14
  5. 東京メトロ初! 外貨自動両替機を設置–千代田線明治神宮前(原宿)駅構…

    2017.06.16
  6. 相鉄、相鉄線全25駅でリアルタイム多言語通訳サービス導入–5カ国語に…

    2017.06.27
PAGE TOP