Loading

インバウンド ビジネス

中国語圏の訪日旅行者向けメディア『暢遊日本』をはじめ
貴社のインバウンドビジネスがさらに加速する
さまざまなソリューションをご紹介しています
資料請求・お問い合わせ

NEWS

訪日客向けモバイル端末レンタルサービス「タッチコンシェルジュ」試験運用

JTBグループでインバウンド(訪日)旅行を専門とするJTBグローバルマーケティング&トラベル(JTBGMT)は、SIMフリーキャリアのFREETELと協力し、訪日外国人向けに日本滞在中に便利なアプリを搭載したモバイル端末のレンタルサービス「タッチコンシェルジュ」を8月1日から関西国際空港のツーリストインフォメーションセンターで試験的に提供開始する。

同サービスは、モバイル端末を通じてデータ通信を利用できることに加え、JTBGMTが厳選した、多様な事業者が提供している訪日旅行に便利なアプリ・Webサービスがプリインストールされており、訪日外国人の日本滞在中の利便性を高める。

また、訪日外国人向けの情報提供プラットフォームとして、ターゲットを絞った広告配信や、訪日外国人のマーケティングデータを活用した事業者向けサービスも予定。今後はツーリストインフォメーションセンターに限らず、ホテルや旅館、駅など、様々な訪日外国人との接点での展開も検討しているという。

JTBGMTは、同サービスを通して訪日外国人の利便性の向上が安心感につながり、日本滞在中の満足度が向上することを期待しているという。同時に、訪日外国人のニーズや行動の理解を深めることで、より一層きめ細やかなアプローチができることを目指していく。

【事業背景】

JTBが発表した「2017 年の旅行市場についての見通し調査」では、2017年の訪日外国人旅行者数は過去最高を記録して2,700万人に達すると予想している。訪日外国人にとって、スマートフォンは現地での旅情報の取得手段として必需品となっているが、日本では通信環境がまだまだ限られており、必要な情報がどこで入手できるのかわからないといった課題がある。

一方、訪日外国人を受け入れたいと考える事業者にとって、外国人に自社の商品・サービスを伝える方法が限られる、専用のアプリを作ってもなかなかダウンロードしてくれない、また言葉・習慣の違いがあり対応が難しい、といった課題も見られていた。同サービスは、両者のニーズを結び付け「日本滞在中のありとあらゆる利便性」を提供し、訪日外国人と事業者を結ぶバーチャルなプラットフォームとなることを目指す。

医療ツーリズムをより気軽に–HIS、訪日客向け次世代型血液検査サービス開始

中国人旅行者の最新トレンド(2)–中国人が訪れたい国、日本は7位に転落

関連記事

  1. JNTO、「VISIT JAPAN トラベル&MICEマート2017」…

    2017.07.10
  2. 「ホテル雅叙園東京」がインバウンド対応、自動外貨両替機を導入

    2017.07.12
  3. 訪日外国人向けAIコンシェルジュ「Bebot」、中国語サービス提供を開始

    2017.06.09
  4. キャナルペイメント、「支付宝(Alipay)」事業でJTBと包括加盟店契約を締結…

    2017.07.05
  5. パナソニックが羽田空港の「顔認証ゲート」を公開 外国人対象のシステムも開発中

    2017.12.19
  6. 民泊法が成立! Airbnb、日本で初のTVキャンペーン「Live There」…

    2017.06.12
PAGE TOP