Loading

インバウンド ビジネス

中国語圏の訪日外国人向けメディア『暢遊日本』をはじめ
貴社のインバウンドビジネスがさらに加速する
さまざまなソリューションをご紹介しています
資料請求・お問い合わせ

NEWS

「日本一の酒処! 灘の酒フェスティバル2017 in 銀座」を9/15・9/16に開催

灘五郷(※)酒造組合は神戸市、西宮市と共催で、「日本一の酒処!灘の酒フェスティバル 2017 in 銀座」(略称:灘フェス2017)を東京・銀座にある時事通信ホール(東京都中央区)で9月15日、16日の2日間開催します。

(※灘五郷(なだごごう):兵庫県神戸市、西宮市の海岸寄りにある西郷、御影郷、魚崎郷、西宮郷、今津郷の5つの地域からなる、日本一の生産量を誇る酒処。宮水が湧出し、灘の生一本(きいっぽん)で知られています)

灘の酒


「まだ知らない、神戸と西宮で醸された”灘の酒”の魅力を発見!」をテーマに、蔵元自慢の「灘の酒」 (純米大吟醸酒、大吟醸酒、域限限定酒、スパークリング日本酒、純米酒、原酒、梅酒、リキュールなど)を飲み比べてもらい、特設販売ブースで購入することができます。知っているようで知らない「灘の酒」の歴史や最新の取り組みまで伝えるセミナーや、初日の乾杯式では鏡開き、振る舞い酒を予定しています。

灘五郷


また、お燗ブース、食と酒器のブースなど、灘の酒によく合う料理、おつまみから、引き立てる酒器を用意し、新しい日本酒の飲み方を体感してもらいます。食のブースでは神戸と西宮に本社を持つ食品メーカーが特別協賛し、六甲バターのQBBチーズや、ネスレ日本のキットカットなどを配り、日本酒とのマリアージュを楽しんでもらいます。

近年、アルコール飲料の多様化等により日本酒業界も激しい競争の真っ只中、世界的な日本食ブーム、インバウンド観光客の増加などもあり、日本酒や酒蔵に注目が集まっています。発信力のある首都圏の日本酒初心者から上級者に「灘の酒」の魅力を発見してもらうことで、ブランド力向上を図り「灘の酒」の需要拡大を目指します。

メインホールでは、初日は和酒コーディネーター・酒サムライ、兵庫県出身のあおい有紀さん、2日目は日本酒スタイリスト・タレントの島田律子さんの司会進行で、初日はヴァイオリニストの竜馬(Ryoma)さん、2日目は箏奏者の吉永真奈さんとヴァイオリニストのSong(ソング)さんが音楽の生演奏を披露します。他にも兵庫県出身の日本酒専門漫才コンビ「にほんしゅ」の酒蔵紹介&漫才、ミス日本酒が会場を彩ります。

今年7月開催の灘五郷酒造組合主催「KOBE SAKE Style~灘の酒 七夕Night in sola~」の様子


【灘フェス2017開催概要】

日時:【初日】2017年9月15日19:00~21:30(2.5H)、【2日目】2017年9月16日第1部13:00~15:00(2H)、第2部16:00~18:00(2H)

定員:各部350名、合計1,050名(予定)

場所:時事通信ホール(住所:東京都中央区銀座5-15-8)

料金: 【初日】前売券:2,500円、当日券:3,000円※、【2日目】前売券:2,000円、当日券:2,500円※

(※当日券販売は未定、料理はキャッシュオン、税込)

インバウンドのライバルは中国国内!? 上半期中国国内旅行客数が24億人以上に

中国の「四縦四横」高速鉄道網はすでにほぼ完成–雄安新区から香港が直通に

関連記事

  1. 「おもてなしセレクション」の”体験・サービス部門”25施…

    2017.08.03
  2. 八戸三社大祭 7月31日開幕。観光客の入り込みがインバウンド需要で好調。

    2018.07.30
  3. 日本ならではの夏の夕涼みを体験! “SNS映え”するカフ…

    2017.07.14
  4. 訪日客対応ノウハウ活用、自社運営の宿泊施設を活かし「民泊代行サービス」

    2017.06.28
  5. 五輪客向けにトラック礼拝室「モバイルモスク」が登場

    2018.08.07
  6. WILLERが提案する新しい観光スタイル第2弾 「ツーリストタクシー」のコースが…

    2018.11.21
PAGE TOP