Loading

インバウンド ビジネス

中国語圏の訪日外国人向けメディア『暢遊日本』をはじめ
貴社のインバウンドビジネスがさらに加速する
さまざまなソリューションをご紹介しています
資料請求・お問い合わせ

NEWS

16蔵100種類以上の日本酒が堪能できる! 渋谷最大級の日本酒イベント開催!!

リカー・イノベーションは9月30日と10月1日、渋谷・神宮通公園で、総勢16社の日本酒蔵元が全国から集結する、渋谷史上最大級の日本酒イベント「SHIBUYA SAKE FESTIVAL 2017」を開催します。過去4回の開催では累計来場客数10,000人以上が参加し、5度目の開催となる今回は初の2日間開催となります。同イベントは渋谷区の後援を受け、飲食を通して東北復興支援する「あがいんちゃ東北2017」と同時開催するイベントです。

同イベントは、全国各地の東京ではなかなか飲むことのできない蔵元直送の日本酒を存分に堪能できる、渋谷史上最大規模の日本酒イベントです。今回は日本酒だけでなく、梅酒・果実酒も豊富に取り揃えます。参加者は、受付でリストバンドと試飲用のカップを受け取った後、神宮通公園内に設置された蔵元ブースで、自由に酒を楽しむことができます。

今回2日間開催する本イベントのために、日本酒専門店「KURAND SAKE MARKET(クランドサケマーケット)」の提携先蔵元16社、梅酒・果実酒専門店「SHUGAR MARKET(シュガーマーケット)」の提携先蔵元2社の、総勢18社の蔵元が全国から集結します(※)。各蔵元専用のブースを設けますので、普段は東京では接することのできない蔵元直々に注ぐ酒を片手に、各ブースを自由に飲み歩いてくことができます。蔵元の酒造りへの熱い想いやエピソードを聞きながら、格別な一杯を楽しめます。中にはここでしか飲むことのできない、特別な酒も用意します。
 
(※1日目に9社、2日目に9社の2日間合計で18社が参加します)
 
【イベントを楽しむために! 4エリア13ブース&特別ミニイベント紹介】

◆日本酒を楽しむエリア◆

・日本酒蔵元ブース

蔵元ブースには、全国各地から16蔵が集結! 各蔵が自慢の日本酒を参加者に振る舞います。「蔵元で丹精込めて造られた品質の高い手造りの日本酒は、東京ではあまり飲むことができないものばかりです。各蔵元の日本酒を飲み比べてみてください」(リカー・イノベーション)。

・KURANDオリジナル日本酒ブース

日本酒専門店「KURAND SAKE MARKET」が、提携先の蔵元と共同で企画・開発した、KURANDオリジナル日本酒も用意します。中にはチーズと合う日本酒や肉と合う日本酒といったユニークな日本酒から、誰でも飲みやすい正統派日本酒まで用意します。「普段は味わえない個性豊かな日本酒を堪能してください」(同)。
 
・ひやおろしブース

「ひやおろし」は、成熟されたまろやかな味わいが特長の秋の限定酒です。「旨みたっぷりの円熟の味わいをもっとも引き出した極旨な日本酒『ひやおろし』は、9~11月にしか出回らないので、この機会をお見逃しなく」(同)。
 
・スパークリング日本酒ブース

スパークリング日本酒とは、炭酸ガスを含む日本酒のことです。アルコール度数が低く甘口のものが多いので、女性や日本酒初心者の方でも飲みやすい日本酒として今注目を集めています。

・古酒・熟成酒・貴醸酒ブース

更に今回は、ツウ好みの”古酒・熟成酒・貴醸酒”も用意します。「今までチャレンジすることがなかった人も、この機会に、熟成酒・古酒の『木の実の香り』と表現される甘い香りや熟成された深い味わい、酒で酒を仕込んだ貴醸酒のリッチな味わいを試してください」(同)。

・蔵元直送仕込み水ブース

水は日本酒の80%以上を占める重要な成分です。そのため日本酒造りの際に使用する「仕込み水」は、水道水よりも成分基準が厳しく設定されています。同イベントでは新潟県・宝山酒造のまろやかな仕込み水を特別に用意します。和らぎ水(チェイサー)として飲めます。

・WAKAZEブース

日本酒を世界に広めることを目指し、活動しているチーム「WAKAZE(ワカゼ)」のブースでは、洋食とのペアリングを楽しむために開発された、「WAKAZE」オリジナルの日本酒を楽しめます。

◆果実酒を楽しむエリア◆

・梅酒・果実酒蔵元ブース

全国各地から2蔵元の梅酒・果実酒蔵元が集結し、飲みやすく女性にも人気の梅酒・果実酒を参加者に振る舞います。「香りよく甘く飲みやすい各蔵自慢の梅酒・果実酒を飲み比べれば、きっとお気に入りが見つかります」(同)。

・SHUGARオリジナル果実酒ブース

梅酒・果実酒専門店「SHUGAR MARKET」が提携先の蔵元と共同で企画・開発した、SHUGARオリジナルの果実酒も多数用意します。日本酒をベースに造った果実感溢れる果実酒や、ミルクや栗などの変わり種果実酒など、デザートや気分転換におすすめです。
 
◆イベントを楽しむエリア◆

・ラウンジブース

流行の最先端渋谷で活躍する有名DJ陣が、昼間の神宮通公園を「音楽」で盛り上げます。聞き慣れた曲から、懐かしい音楽まで、幅広いジャンルの音楽を流す予定です。美味しい酒と楽しい雰囲気をより一層盛り上げます。
 
・ワークショップ(日本酒教室)ブース

「東北復興」をテーマに、東北の日本酒を使ったきき酒ワークショップを開催。日本酒のプロが、秋が旬の「ひやおろし」をメインに、日本酒の製造工程と味わいの違いの解説や、フードペアリング(日本酒と食べ物の組み合せ)についてのレクチャーを行います。日本酒について学んだことはイベント内で試してもらえますので、楽しみながらもしっかりと日本酒の知識を身につけることができます。

・カクテルブース

都内の人気会員制バーのヘッドバーテンダーが、あなただけのオリジナル日本酒カクテルを作ります。本イベント限定で、秋が旬のフルーツを用いたカクテルなどを提供します。(※仕入れ状況により、変更する場合があります)

◆飲食・販売エリア◆

・飲食ブース

同イベントには、渋谷区で話題の飲食店も参加します。日本酒はそのまま飲んでも美味しいですが、食べ物との組み合わせ次第で2倍3倍に美味しくなる飲み物。ぜひ各店自慢のメニューと日本酒のマリアージュを楽しんでください。

参加飲食店:Terraplane、仙臺屋、秋田料理 伊勢や、焚火家、DAIGOMI

・販売ブース

販売ブースでは、参加している蔵元のお酒を購入(※)することができます。同イベントで飲んで気に入った酒を購入し、自宅でも楽しむことができます(※購入できるのは、同イベントで提供する日本酒の一部です)。
 
◆特別ミニイベント◆

・「日本酒の日」一斉乾杯!(※10/1のみ)

10/1は「日本酒の日」。10月は収穫された新米で新酒が造り始められる時期であり、また春先に造られた酒が熟成し飲み頃となる時期でもあります。「美味しい日本酒を飲めることに感謝し、これからも美味しい日本酒ができることを願い、この『日本酒の日』に一斉に乾杯しましょう」(同)。

・青森ねぶた祭LOVERS(※10/1のみ)

青森ねぶた祭が大好きな人が集ってできた団体「青森ねぶた祭LOVERS(通称「ねぶラバ」)」が、「ラッセ ラッセ ラッセーラー」とねぶた祭で披露する踊りで、会場全体を盛り上げます。
 
(※各エリア・ブースは、都合により事前の予告なく変更になる場合があります)

(※資料内の画像は、前回の「SHIBUYA SAKE FESTIVAL」の様子、またはイメージです)
 
【イベント概要】

◆タイトル:SHIBUYA SAKE FESTIVAL 2017

◆日  時:

2017年9月30日(土)11:00~17:00(受付開始時間 10:30、サーブ終了 16:00)

2017年10月1日(日)11:00~17:00(受付開始時間 10:30、サーブ終了 16:00)

◆会  場:渋谷区・神宮通公園(東京都渋谷区神宮前6-21)

◆参加費用:

【9/30】1dayパスポート(1日飲み比べし放題+おちょこ付き)3,000円

【10/1】1dayパスポート(1日飲み比べし放題+おちょこ付き)3,000円

【9/30&10/1】2daysパスポート(2日間飲み比べし放題+おちょこ付き)5,000円

【当 日】1dayパスポート3,500円(1日飲み比べし放題)

◆参加蔵元:

<9月30日>滝澤酒造(埼玉県)、松岡醸造(埼玉県)、石井酒造(埼玉県)、梅田酒造場(広島県)、根本酒造(茨城県)、勲碧酒造(愛知県)、丸世酒造店(長野県)、長谷川酒造(新潟県)、中野BC(和歌山県 / 果実酒)

<10月1日>宝山酒造(新潟県)、玉川酒造(新潟県)、舩坂酒造店(岐阜県)、寒梅酒造(埼玉県)、土田酒造(群馬県)、千代の亀酒造(愛媛県)、旭鶴(千葉県)、田端酒造(和歌山県)、北岡本店(奈良県 / 果実酒)

◆参加企業:Terraplane、仙臺屋、秋田料理 伊勢や、焚火家、DAIGOMI、WAKAZE

IT化が急速に進展する中国–スマホをかざすだけで公共積立金の登録が実現

全世界のアニメファンが選んだ!『訪れてみたい日本のアニメ聖地88』発表!!

関連記事

  1. ムスリムの方にもお好み焼きのおいしさを! オタフク「ハラールお好みソース」

    2017.09.15
  2. 羽田空港限定で販売! “まるで雲のような”どら焼き『羽雲…

    2017.05.26
  3. あべのハルカス ぽかぽか展望台 『かこむdeこたつ』をオープン!

    2018.11.08
  4. 外国人に最人気のレストランは大阪『お好み焼き ちとせ』、関西勢TOP3独占!

    2017.06.16
  5. 外国人はそうめんに無関心!? ”ソーメン二郎”がそうめん…

    2017.06.20
  6. 日本のSAKEとWINEをアピール、「SAKE女の会」設立1周年記念記者会見を開…

    2017.08.03
PAGE TOP