Loading

インバウンド ビジネス

中国語圏の訪日旅行者向けメディア『暢遊日本』をはじめ
貴社のインバウンドビジネスがさらに加速する
さまざまなソリューションをご紹介しています
資料請求・お問い合わせ

NEWS

IT化が急速に進展する中国–スマホをかざすだけで公共積立金の登録が実現

公共積立金関連手続きの問い合わせが、スマホの画面をかざすだけでできるようになりました!23日、「広州住宅公共積立金管理センター」の微信(Wechat)アカウント上で、スマホによる登録・パスワード再設定のサービスが始まりました。積立金を納めている企業従業員は、積立金に関する各種手続きについて、スピーディに検索し、処理を進めることができるようになったのです。広州日報が伝えました。

新しく始まったスマホによる登録・パスワード設定サービスは、非常に便利です。スマホの画面をかざし、システムが提示する数字を声に出して読み上げるだけで、新規登録とパスワード再設定ができます。その工程は1分足らずで完了します。

今回、微信公式アカウントで可能となった、スマホを使った作業は、「公安部(省)住民身分証ネットワーク応用国家基準」に基づき、テンセント(騰訊公司)と微信の生体認証技術を採用しており、微信の「実名本人情報確認能力」を利用して「顔認証+公安比較対照」を用い、ユーザーの実名情報と本人による操作を確認するという方法をとっています。このようなダブル認証方式を用いることで、情報の正確性と安全性が確保できます。

これまで、パスワードの再設定には、従業員本人が身分証を携えて公共積立金事務所に出向き、窓口で手続きしなければならず、窓口が取り扱うパスワード再設定手続の件数は、1日平均1600件を上回っていました。

公安部が対応している窓口での本人確認の問題があることから、顔認証機能は、今のところ、広州市、武漢市、厦門(アモイ)市、河南省・広西チワン族自治区・浙江省の一部地級市に戸籍がある従業員に限って適用されます。

人民網日本語版

中小機構、地域のインバウンドの取り組みへの支援開始–支援地域・団体公募

16蔵100種類以上の日本酒が堪能できる! 渋谷最大級の日本酒イベント開催!!

関連記事

  1. 中国政府の「ネット行動計画」で中国ネット社会はどう変わったのか!?(4)

    2017.07.14
  2. 日本の都市で中国のシェア自転車が登場–日本のネット民「中国式刺激」

    2017.09.12
  3. 中国・四川省の九寨溝の被災地に観光客3万5千人、9日中に全員避難へ

    2017.08.09
  4. 中国は都市社会へ転換 都市へのあこがれは不変

    2017.06.29
  5. 旅をしながら老後過ごす–中国の新産業「観光プラス高齢者サービス」とは…

    2017.07.13
  6. 中国の宅配会社・順豊がドローンの飛行許可取得、宅配員の仕事がなくなる?

    2017.07.07
PAGE TOP