Loading

インバウンド ビジネス

中国語圏の訪日旅行者向けメディア『暢遊日本』をはじめ
貴社のインバウンドビジネスがさらに加速する
さまざまなソリューションをご紹介しています
資料請求・お問い合わせ

NEWS

月餅市場は”おいしい”!? 相次ぐ新規参入、「故宮月餅」や「ディズニー月餅」も

中秋節(旧暦8月15日、今年は10月4日)が近づいてきました。中秋節の代表的食品である月餅が、各大型スーパー、ホテル、スイーツショップ、オンラインプラットフォームなどで販売されています。月餅は、「贈答用」と「自宅用」という2つの用途により分類されます。このうち贈答用月餅は、今年新たな傾向を見せています。それは、「クロスボーダー」です。もともと月餅とは縁のない企業、さらには食品業界ではない企業までもが、月餅の開発・製造に着手しました。また、自宅用月餅市場では風味とコスパの追求がいっそう激しくなっています。原材料価格の上昇により、販売価格が約1割引き上げられた月餅もあるといいます。揚子晩報が伝えました。

〇故宮が売る「ロイヤル月餅」、ディズニーが売る「アニメ月餅」

今年の月餅市場では、他業界で我々がよく見知っている企業が進出してきており、「クロスボーダー月餅」がますます流行の波に乗るようになりまた。

あるネットユーザーは、「故宮まで月餅を売るのか?」と驚いて投稿しました。

故宮は今年、公式フラッグショップで、「ロイヤル月餅」シリーズの贈答用月餅を売り始めました。このシリーズの贈答用ケースには、8種類16個の月餅が入っており、「祥雲」や「玉兎」などのスタイルによって故宮の特色が最大限に表現されています。正味重量は780グラム、販売価格は260元(1元は約16.9円)です。

月餅市場に進出しているのは故宮だけではありません。「ディズニーランド」も今年、ディズニークラシック贈答用月餅を売り出しました。黒い贈答用ケースには、さまざまな形のディズニー名作アニメのキャラクターが印刷されています。ケースを開けると、ディズニーアニメのキャラクターが月餅の表面にも刻印されているのです。

星座漫画で有名になった「同道大叔」は、粽(ちまき)で有名な老舗「五芳斎」と提携し、若者をターゲットに「傾星物語」という商品名の星座月餅を売り出しました。

このほか、動画共有サービス「ビリビリ(嗶哩嗶哩)動画」も月餅市場に参入。同社はネットユーザーがアプリを使う際に、月餅の宣伝と優待券配布を行い、購入を促しています。

〇ライバルが多すぎて、ホテルの月餅は販売不調

南京のスターランクホテルは毎年、販売価格200-500元の贈答用月餅を販売しています。彼らの売る月餅は、すでに市民から十分に受け入れられています。一部ホテルの月餅は、中秋節用贈答品の基本仕様となりました。だが、ホテルに限らず、多くの飲食企業も月餅の販売に乗り出しています。

西貝蓧面村、桃園眷村、真功夫などの様々な有名飲食企業が、自社オリジナルの月餅を売り始め、商品企画から消費者層に至るまで、一定の基盤を形成しています。

とはいえ、スターランクホテルと同様、ほぼ全ての飲食企業の月餅も、加工工場によるオーダーメイド生産で、決して自社工場で製造しているわけではありません。

ブランド知名度に頼っての月餅販売は、利益増加につながると同時に、自社ブランドの宣伝にもなります。このことも、ホテルや飲食企業が月餅販売に対して力を入れ続ける一因となっており、生産ラインの従業員に任務として任せる原因にもなっています。

ですが、多くの市民は、ホテルの月餅に対して、「値段は高いが、味は普通」という印象を抱いています。消費者の観点からすると、自分で購入して自分で食べる市民は極めて少ないです。それがホテルの月餅ならなおさらです。ほとんどの人が、贈答用に購入します。数年前から、各種焼き菓子の競争のあおりを受け、一部老舗ホテルの月餅の売上はやや落ち込む傾向が出てきています。

〇今年の月餅、遅い購入ほど価格上昇

月餅の購入は、往々にして、中秋節が近づけば近づくほど、割引率が大きくなって安く購入できます。ですが今年に限っていえば、一部の月餅で「通常ではありえない現象」が起こっています。それは、購入予約が早ければ早いほど、割引率が高いということです。

先述した故宮月餅は、9月6日までの購入ならば割引価格234元が適用されましたが、この日を過ぎてから、通常価格260元に戻りました。

南京の某ケーキショップ店主は2日前、「月餅特価の最終日。明日からは188元が228元になる」と、微信(Wechat)の「モーメンツ」に投稿しました。値上げの理由について、この店主は、「贈答用月餅は完売してしまい、月餅の原材料メーカーも生産を終わっているため、予約はもう受け付けない」と説明しました。

卵・砂糖・ハスの種・ゴマなどの原料価格が今年値上げされ、上昇幅が特に高かったのは、月餅づくりの職人の人件費でした。これらの原因によって、月餅コストが昨年に比べ上昇しましたが、販売価格はそれほど大きく変わっていません。複数の大型スーパーでは、贈答用月餅も中・低価格のものが中心で、その多くが200元以下でした。実店舗と顧客争奪戦を繰り広げるため、オンラインショップは販売価格をさらに低く抑え、販促活動を早めにスタートしており、特売の贈答用月餅が19.9元という低価格で売り出されているショップもありました。

人民網日本語版

「QRコード」で”革新”を表現! 東京都観光ボランティアの新ユニフォーム発表

8月の訪タイ外国人観光客数は延べ313万人、中国人観光客が最多

関連記事

  1. 最近の訪日旅行者の訪日目的

    2018.03.26
  2. 「支付宝(アリペイ)」がアフリカ進出、キャッシュレス事業が5大陸へ

    2017.07.06
  3. 2017年下半期、北京・天津・河北で144時間ビザ免除実現へ

    2017.07.31
  4. 中国政府の「ネット行動計画」で中国ネット社会はどう変わったのか!?(1)

    2017.06.29
  5. シンガポールもモバイル決済普及へ、世界に影響与える中国のスマート技術

    2017.08.29
  6. トランプ大統領はなぜ中国を「勝ち組」と位置づけるのでしょうか?

    2017.09.04
PAGE TOP