Loading

インバウンド ビジネス

中国語圏の訪日旅行者向けメディア『暢遊日本』をはじめ
貴社のインバウンドビジネスがさらに加速する
さまざまなソリューションをご紹介しています
資料請求・お問い合わせ

NEWS

中国語圏の訪日観光客向けポータル『暢遊(ちんゆう)日本』WEBをフルリニューアル

株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)が運営する中国語圏の訪日観光客向けポータルサイト『暢遊(ちんゆう)日本』WEB版(https://www.japan-i.net/)は、およそ5年ぶりとなる大幅なリニューアルを行い、読み物を中心に編集コンテンツをさらに拡充していきます。

■『暢遊日本』WEB版、フルリニューアルの背景

ますます増加するFIT(Foreign Independent Tour:海外個人旅行)需要に対応し、幅広い親日旅行者のニーズに応えるコンテンツを新たに用意
中国、台湾、香港といった中国語圏の訪日旅行者は、訪日数が年々増加しているばかりではなく、個人旅行者数やリピート来訪者数も増えているため、年々、訪日する目的や訪日エリアなどから「日本の楽しみ方」がますます多様化しています。インバウンドメディアとしては先駆けとなる2008年より情報発信を行ってきた、中国語圏の訪日旅行者向けポータルサイト『暢遊日本』WEB版は、これまでもユーザーのニーズに応じて、さまざな情報提供方法や機能の追加拡充を行ってきましたが、昨今の加速して多様化する訪日ニーズの大きな変化に、今後もシームレスに対応できるよう、今回のフルリニューアルでは、サイト構成から大幅に刷新しています。

■『暢遊日本』WEB版、リニューアルのコンセプト

“日本が気になって気になって仕方ない!そんなNIPPON MANIAのための日本雑学力向上支援サイト”を新たなコンセプトに据え、「旅アト」からさらに次の「旅マエ」へと興味を喚起するコンテンツ設計に変更
リニューアル前の“食、買い物、ショッピング”という観光情報を主とした情報発信カテゴリを、「NEWS」「MANNER」「MANUAL」「EVENT」「PHOTO」へと新たに構成を変更し、日本文化や習慣、トレンドなどの“今の日本”や“日本固有の楽しさ、面白さ”にフォーカスして、初訪でも再来訪でも、ますます日本が好きになる情報発信サイトにコンセプトをシフトチェンジしています。
<主な機能>
・モバイルファーストなサイト構成に変更し、デバイスを問わず情報収集しやすいサイト設計
・「マイナビニュース」との連携により、日本の最新のニュース情報を翻訳してタイムリーに発信
・中国語圏では大きな情報発信力を持つKOL(Key Opinion Leader)の記事投稿のほか、SNSと連動した「投稿記事」「投稿写真」などのユーザー情報も多く取り上げ、訪日旅行者同士の“みんなで楽しむ”、“旅アトも楽しめる”コミュニティ形成を予定

尚、今回のWEB版では、繁体字での展開を先行していますが、簡体字版などの多言語対応は今後、順次行っていく予定です。

「NEWS」カテゴリ画面

「EVENT」カテゴリ画面

「MANNER」カテゴリ画面

「REPORT」カテゴリ画面

「MANUAL」カテゴリ画面

「PHOTO」カテゴリ画面

白馬と志賀高原をダイレクトに結ぶ アルピコ交通と長電バスが高速バスの共同運行を開始 

長野市でサイクルツーリズムの可能性探るセミナー 長野、新潟、山梨の3県合同で開催

関連記事

  1. JR西日本「ハローキティ新幹線」運行開始!!

    2018.07.18
  2. JR九州はアリババと協業する。

    2018.08.17
  3. 日本と台湾のタクシー大手が業務提携。Web配車予約を通じ、観光送迎で相互総客へ

    2018.08.06
  4. 27年ぶり新税!「国際観光旅客税法」成立

    2018.07.18
  5. 株式会社マイナビ『暢遊日本(フリーペーパー)』パイロット版を配布中

    2017.12.10
  6. 観光庁「国際観光旅客税法」可決に沿い、外国人受け入れに達成すべきサービス水準を示…

    2018.08.17

最近の記事

PAGE TOP