Loading

インバウンド ビジネス

中国語圏の訪日旅行者向けメディア『暢遊日本』をはじめ
貴社のインバウンドビジネスがさらに加速する
さまざまなソリューションをご紹介しています
資料請求・お問い合わせ

NEWS

アリペイ導入で“訪日中国人の消費”を促進

観光庁の「訪日外国人消費動向調査」によると、2017年累計の訪日客による旅行消費総額は4兆4161億円と16年(3兆7476億円)に比べて17.8%増加しました。そのうち中国人は全体の約4割を担っています。また、それに伴い中国で広く普及している電子決済サービス「支付宝(アリペイ)」を日本で活用する動きが出てきています。

支付宝(アリペイ)とは、中国最大級のオンライン決済サービス「アリババグループ」が提供しているものです。

もともと、クレジットカードが浸透していなかった中国では、「銀聯」のデビットカードが一般的に使われていました。そのような状況の中、近年急速に普及し始めているのが「支付宝(アリペイ)」です。

「支付宝(アリペイ)」では登録した銀行口座から支払いを行います。世界的に有名なオンライン決済サービスPaypal(ペイパル)と同様のシステムで、利用登録者は約8億人にもなります。

店舗で商品を購入する場合は、スマートフォンに専用アプリをインストールし、銀行口座情報を登録しておいて、支払い時にQRコードを読み込んで決済します。

2018年1月時点で5億2,000万人以上の本人認証済みアクティブユーザーを抱え、世界中に450以上の金融機関パートナーがいます。

日本では、2015年以来インバウンド施策として多くの店舗に導入されており、現在の導入店舗数は4万店に達します。2017年2月から、ローソン店舗にも導入されました。

 

訪日旅行者が日本に滞在中利用したアプリ

パンダ香香(シャンシャン)の大人気、動物園の入場者数は400万人を突破!

関連記事

  1. 中国人観光客の消費額が減少、前年比17%減–買い物はネットで、宿泊費…

    2017.07.14
  2. 中国・四川省の九寨溝の被災地に観光客3万5千人、9日中に全員避難へ

    2017.08.09
  3. 日本企業訪問ツアーの中国人大学生が目にしたものは?

    2017.09.12
  4. 中国で「お一人様経済」が発展、インバウンドも”独身旅行者”…

    2017.08.18
  5. 五輪客向けにトラック礼拝室「モバイルモスク」が登場

    2018.08.07
  6. 今、中国で最も流行っているSNSは抖音(TikTok)

    2018.07.18
PAGE TOP