Loading

インバウンド ビジネス

中国語圏の訪日旅行者向けメディア『暢遊日本』をはじめ
貴社のインバウンドビジネスがさらに加速する
さまざまなソリューションをご紹介しています
資料請求・お問い合わせ

NEWS

京都が上半期の外国人客宿泊状況調査を発表。過去最高に

公益財団法人京都文化交流コンベンションビューローはこのほど平成30年(2018年)6月及び上半期の外国人客宿泊状況調査結果を発表しました。この調査によれば、外国人利用者割合は調査開始以来の最高値を記録したとのことです。

この調査は京都の39ホテルを対象に、国・地域別の調査(「実人数」「延べ人数」「延べ部屋数」)を毎月実施する調査で、主に国別の宿泊人数の構成比や宿泊実人数の伸び率を知ることができます。平成30年の調査では9,467室となり、京都市内の客室ベースで約4割をカバーする調査結果となっています。

上半期の外国人利用割合では前年同期比で3.8ポイント増の43.5%となり、上半期として初めて4割を越える結果となりました。2014年上半期の28.6%から、1年ごとに3%~5%ずつの増加を経て今回の最高値に至ったということで、インバウンド客の流入は依然として伸び続けているといえるでしょう。
また、国・地域別では中国が前年同期比2.9ポイント増加の26%で、前年に引き続いて最大でした。次点で台湾、アメリカ、韓国、オーストラリアと続きます。

宿泊実人数の伸び率については、フィンランド、スウェーデン、スペイン、イタリアなどのヨーロッパ諸国が30%近い伸びを記録するなど好調でした。要因としては、円安の影響でユーロ圏からの観光客の流入が進んだことが挙げられています。この他、中国は21.9%の伸び率と、こちらも大きな伸びを記録しました。

(クレジット)公益財団法人京都文化交流コンベンションビューロー

訪日中国人の買い物は銀座と心斎橋、情報収集時期は1ヶ月前から2週間前

日本と台湾のタクシー大手が業務提携。Web配車予約を通じ、観光送迎で相互総客へ

関連記事

  1. 3000人以上の声を反映! 「みんなの接客シリーズ」に中国語版、韓国語版発売

    2017.06.20
  2. ANAとJAL、18年上半期国際線旅客は8.0%増

    2018.08.09
  3. 3回の利用がリピーター獲得の鍵! ホテルグレイスリー新宿がキャンペーン

    2017.07.13
  4. インバウンド効果! お城の入城者数1位はあのお城 – 2位は姫路城、…

    2017.06.13
  5. 「日本夜景遺産」新規認定地を発表! 和歌山の「橋杭岩」など”夜の絶景…

    2017.08.08
  6. 都ホテルズ&リゾーツ、東京・大阪で新たな宿泊主体型ホテルを出店

    2017.07.07
PAGE TOP