Loading

インバウンド ビジネス

中国語圏の訪日旅行者向けメディア『暢遊日本』をはじめ
貴社のインバウンドビジネスがさらに加速する
さまざまなソリューションをご紹介しています
資料請求・お問い合わせ

NEWS

五輪客向けにトラック礼拝室「モバイルモスク」が登場

2020年の東京五輪・パラリンピックに向けた観光インフラ整備として、世界三大宗教であるイスラム教徒へのおもてなしの一環として、移動式のモスクを開発し、「モバイルモスク」として登場しました。「モバイルモスクプロジェクト実行委員会」が開発・制作を行い、「モバイルモスク」という名称で販売・レンタルを開始したとのことです。

この「モバイルモスク」は25トントラックの荷台部分に約48平方メートルの礼拝スペースを設置する形となっており、一度に約50人の礼拝が可能です。室内は冷暖房完備、男女が別々に礼拝できるような間仕切りの設置や、礼拝の方角を指し示すコンパスを設けることも今後検討していくとのことで、天候や周囲の目を気にすること無く礼拝が出来る設備となっています。

イスラム教徒、いわゆるムスリムの訪日客は急増しています。2014年には15万人、2016年には4倍以上となる70万人となり、2020年には140万人に増加するであろうと言われています。ムスリム訪日客のうち60%はASEAN諸国出身で、この内インドネシアが27%、マレーシアが23%、シンガポールが5%を占めています。
安倍政権によるアベノミクス政策の一環として、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピン、ベトナムの訪日観光ビザが緩和されました。また、円安とLCC便の増加などがあり、ムスリムの訪日客が増えたとされています。今後のインバウンドビジネスにおいて、ムスリムの訪日客市場の重要度は高まってきています。

これらのムスリム訪日客の増加に伴い、国内ではムスリム向けの誘致やサービスの提供が始まっています。空港や駅などへの礼拝堂の設置、飲食店でのハラール対応が主なものですが、今回のトラックを用いた移動式のモスクは世界初の取り組みとのことです。まだまだ不足しているといわれているムスリム対応において、大きな貢献を果たすことになるでしょう。

日本と台湾のタクシー大手が業務提携。Web配車予約を通じ、観光送迎で相互総客へ

W杯ロシア大会で観戦客の半数が「非接触型決済」。Visaが消費額の国籍ランキング発表

関連記事

  1. 中国で人気の聖地巡礼スポット、1位は”あの作品”で名物ラ…

    2017.08.29
  2. ジャックス、老舗百貨店の藤崎と提携しアリペイ決済を導入

    2017.06.12
  3. 最先端のIoT設備! 高級一棟貸し京町屋ゲストハウス「宿ルKYOTO 和紙ノ宿」…

    2017.06.30
  4. 京都が上半期の外国人客宿泊状況調査を発表。過去最高に

    2018.08.06
  5. 医療ツーリズムをより気軽に–HIS、訪日客向け次世代型血液検査サービ…

    2017.07.31
  6. 八戸三社大祭 7月31日開幕。観光客の入り込みがインバウンド需要で好調。

    2018.07.30

最近の記事

PAGE TOP