Loading

インバウンド ビジネス

インバウンドビジネス
中国語圏の訪日外国人向けメディア『暢遊日本』をはじめ
貴社のインバウンドビジネスがさらに加速する
さまざまなソリューションをご紹介しています
資料請求・お問い合わせ

NEWS

AIを用いた訪日外国人向け観光案内サービス「奈良ガイドボット」実証実験開始

近鉄、NTT西日本、NTTの3社は、2018年7月27日AIを用いた訪日外国人向けの観光案内サービス「奈良ガイドボット」の実証実験を行うことを発表しました。

この実証実験は複数のAiを組み合わせた新たな訪日外国人向けの観光案内サービスの実用化に向けて実施されるもので、画像認識Ai機能である「かざして案内」と対話Ai機能「チャットボット」を組み合わせた「マルチモーダル・エージェントAi」を提供することで、利用頻度、コンテンツ満足度、ネットワークの快適速度などを検証して商用化を目指すとのことです。

画像認識Ai機能「かざして案内」とは、画像や案内表示等にスマートフォンをかざすだけで、母国語の案内をスマートフォン上に表示させるもので、NTTが手掛けるサービスです。
この「かざして案内」が持つ機能にチャットでAiが対話返信をしてくれる「チャットボット」を組み合わせて複数のコミュニケーションモードを持つ「マルチモーダル・エージェントAi」として提供をすることで、シームレスに様々な訪日観光客の困りごとを解消出来るということです。

もっと具体的なイメージとしては、テキストチャットやメニュー選択からユーザーが選択をすると、構内にあるコインロッカーやトイレなどの場所、運賃などを知ることができます。また、チラシやポスターのQRコード、ガイドブックに掲載されている奈良の観光名所の画像など読み取ることでルート案内などの詳細な情報を確認できます。複数のコミュニケーションモードを持つAiであるため、特定のAiが回答出来ない困りごとでも他のAiに引き継ぐことで、タイムリーな回答が可能になります。また、英語・中国語(繁体・簡体)に対応可能になるとのことです。

同3社の報道発表によれば、今後はテキスト以外のコミュニケーションモード、音声や力感にも拡張をしていき、インバウンドや交通業界に関わる課題の解決に対してAiなどのICTを活用したソリューションを提供していくとのことです。

ANAとJAL、18年上半期国際線旅客は8.0%増

福井県永平寺町の観光案内所に国内初となる「観光案内多言語AIコンシェルジュ」を導入

関連記事

  1. 新潟市が「映え」ポイントをまとめた「#新潟グラマーマップ」を作成

    2018.12.07
  2. 荷物一時預かりサービス「ecbo cloak」金沢駅・新神戸駅・広島駅など西日本…

    2018.07.30
  3. 中国のシェア自転車めぐる”黄色VS橙色の戦い”、背後にア…

    2017.07.10
  4. 香港人の2割は10回以上訪日し、近年では日本で結婚式を挙げるカップルが増えてきて…

    2018.07.30
  5. WILLERが提案する新しい観光スタイル第2弾 「ツーリストタクシー」のコースが…

    2018.11.21
  6. 中国人にとって海外旅行は”普通の事”に、「買い物目的」は…

    2017.08.04
PAGE TOP