Loading

インバウンド ビジネス

中国語圏の訪日旅行者向けメディア『暢遊日本』をはじめ
貴社のインバウンドビジネスがさらに加速する
さまざまなソリューションをご紹介しています
資料請求・お問い合わせ

NEWS

ANAとJAL、18年上半期国際線旅客は8.0%増

このほど発表されたANA(全日空)とJAL(日本航空)の2018年上半期(1月~6月)国際線の運行実績は、前年比8.0%増で947万4262人となりました。
そのうち、方面別では、ANAの「アジア・オセアニア」は10%増で350万4435人でした。JALの「中国」は16.6%増の76万8898人となりました。

他のエリアも含めてほぼ全てのエリアで増加しており、訪日市場の好調さがうかがえる結果となりました。

以下、他エリアを含めた内訳です。

ANA(全日空)
アジア・オセアニア 10%増 350万4435人
北米・ホノルル 69%増 108万6260人
欧州 2.1%増 42万402人

JAL(日本航空)
米大陸 3.7%増の62万7452人
欧州 4.9%増の35万5365人
東南アジア 5.1%増の174万0280人
オセアニア 57.6%増の10万3669人
ハワイ・グアム 7.6増の56万4499人
韓国 0.1%増の30万1576人
中国 16.6%増の76万8898人

日本へ乗り入れる航空会社が新たに増えます。中国聯合航空が運送許可を取得

AIを用いた訪日外国人向け観光案内サービス「奈良ガイドボット」実証実験開始

関連記事

  1. パナソニックが羽田空港の「顔認証ゲート」を公開 外国人対象のシステムも開発中

    2017.12.19
  2. 中国、税関手続きの全国一体化を実現–より自由に簡単に

    2017.07.05
  3. AIを用いた訪日外国人向け観光案内サービス「奈良ガイドボット」実証実験開始

    2018.08.09
  4. 中国のスマホ市場に異変、アップルが劣勢に–中国ブランドが上位4位占め…

    2017.07.28
  5. 中国人の国慶節の人気旅行先、日本は2位–昨年1位の韓国はトップ10か…

    2017.09.01
  6. 中部国際空港、「WeChat」で空港店舗の商品情報やお得なクーポンを提供

    2017.09.01

最近の記事

PAGE TOP