Loading

インバウンド ビジネス

中国語圏の訪日旅行者向けメディア『暢遊日本』をはじめ
貴社のインバウンドビジネスがさらに加速する
さまざまなソリューションをご紹介しています
資料請求・お問い合わせ

NEWS

福井県永平寺町の観光案内所に国内初となる「観光案内多言語AIコンシェルジュ」を導入

福井県永平寺町の曹洞宗大本山永平寺で整備されていた旧参道の観光案内所に人工知能で観光情報を提供する「観光案内多言語AIコンシェルジュ」が、国内で初めて実導入されました。

このコンシェルジュは、多言語に対応したAIコンシェルジュ「小梅ちゃん」が観光客の問いかけに音声や画像・文字で答えるもので、タッチパネル式のサイネージで運用されます。日本語、英語、中国語で話しかけると、永平寺や観光スポット、飲食店や土産物屋などの詳細な情報を提供出来ます。

この取り組みは、福井県、曹洞宗大本山永平寺、永平寺町の3者の協力・連携による「永平寺門前まちなみ整備事業」と呼ばれる、永平寺門前を再構築するプロジェクトによるもので、インバウンド客が増加傾向にある福井県が、県を代表する観光地である永平寺の門前町の魅力を最大限に高めるというのが本プロジェクトの目的です。

再構築プロジェクトの骨子として、①外国人宿泊客に対応できる宿泊施設の整備、②1600年台の古地図に基づく参道の再生、③参道との一体的な永平寺川の修景、④ゲートウェイとなる観光案内所の整備が挙げられています。

課題として、多言語での案内にあたり人材の確保が困難であることが挙げられていました。今回の導入は、その課題を解決するにあたり導入を決定しました。

デジタルサイネージソリューション事業などを展開しているピーディーシー株式会社が主導して開発したもので、観光案内所でのAIコンシェルジュの活用は国内初とのことです。

(クレジット)永平寺町、ピーディーシー株式会社:報道資料より

AIを用いた訪日外国人向け観光案内サービス「奈良ガイドボット」実証実験開始

JR九州はアリババと協業する。

関連記事

  1. 五輪客向けにトラック礼拝室「モバイルモスク」が登場

    2018.08.07
  2. NTT東、文化観光業界特化型AI翻訳サービス「ひかりクラウドcototoba」提…

    2017.07.05
  3. 医療ツーリズムをより気軽に–HIS、訪日客向け次世代型血液検査サービ…

    2017.07.31
  4. “台湾人リピーター上級者”に人気の青森県を成田空港でアピ…

    2017.07.05
  5. 中国向け最新ラグジュアリー客船「マジェスティック・プリンセス」上海入港

    2017.07.12
  6. びゅーグループ、中国系電子決済「Wechat Pay」「Alipay」の取り扱い…

    2017.09.04

最近の記事

PAGE TOP