Loading

インバウンド ビジネス

中国語圏の訪日旅行者向けメディア『暢遊日本』をはじめ
貴社のインバウンドビジネスがさらに加速する
さまざまなソリューションをご紹介しています
資料請求・お問い合わせ

NEWS

中国最大手OTAのCtripが北海道観光振興機構と協定、インバウンド誘客で連携

中国最大手OTAであるCtripは、2018年9月3日、北海道及び公益財団法人である北海道観光振興機構と、インバウンド誘客に関して連携協定を締結しました。

この連携で定められた主な取り組みとしては、「中国市場での共同プロモーション」「観光案内所での観光情報の提供等」「マーケティング・リサーチ」「道内宿泊施設への誘客促進」となります。この他、北海道と共同で招聘事業を行うほか、イベントなどの開催も計画しています。

北海道が海外企業と連携を締結するのは初めてとのことです。

北海道は2020年度には外国人観光客500万人の来道を目標として掲げています。この目標達成に向け、FITの取込みをさらに促進させるため、中国最大手OTA旅行会社であるCtripと連携して誘客促進に取り組むこととなりました。

(クレジット)Ctrip.com International Ltd.:報道発表より

キャセイドラゴン航空、香港徳島線の新たに季節便で就航。人気高まる四国のインバウンド

ベトナム航空、関西ダナン線を新規就航

関連記事

  1. 国交省、訪日客のレンタカー利用に対しピンポイント事故対策を開始

    2017.08.24
  2. 政府、相次ぐ災害も訪日客4000万人の目標変更せず

    2018.09.07
  3. 日本政府が訪日客への課税検討、インバウンドを推進するのではなかったの!?

    2017.08.09
  4. “ヤミ民泊”防止へ–アヴァンスが大阪府への「…

    2017.06.30
  5. 国交省、全国27の空港を「訪日誘客支援空港」と認定–地方への誘客促進…

    2017.07.05
  6. 東京都、外国人が安心して医療機関を受診するための多言語ガイドブック作成

    2017.05.31

最近の記事

PAGE TOP