Loading

インバウンド ビジネス

中国語圏の訪日旅行者向けメディア『暢遊日本』をはじめ
貴社のインバウンドビジネスがさらに加速する
さまざまなソリューションをご紹介しています
資料請求・お問い合わせ

NEWS

日本初!WEB予約商品を宿泊先のホテルで受け取り、免税適用を可能にする訪日外国人向けサービスの実証実験を開始

輸送大手のヤマトホールディングス傘下のヤマトシステム開発株式会社とJR東日本グループの日本ホテル株式会社が、訪日外国人が訪日前に専用WEBサイトで商品を予約し、宿泊先のホテルで購入・受け取ることで免税適用を可能とする、日本初のサービス「eTaxFree-Japan TaxFree Online Shopping」の実証実験を11月20日から実施することを発表しました。
実証実験の第一段階として、訪日外国人に人気が高い化粧品メーカーである資生堂ジャパン株式会社の実証実験商品予約専用サイト上の商品が対象となっています。

1.サービス概要
現行の消費税免税制度において免税適用を可能にするためには、実店舗で購入することが条件であり、WEBサイトで購入した商品を受け取ることはできても、免税対象とすることはできませんでした。しかし、今回のサービスでは、訪日外国人が「eTaxFree-Japan TaxFree Online Shopping」サービスに対応した専用WEBサイトから、希望する商品を訪日前に予約し、輸出物品販売所(免税店)の許可を受けたホテルが「予約商品を仕入れ」、お客さまへ「販売・受け渡し」を行うことで、商品を免税対象とすることができるものです。

2.「eTaxFree-Japan TaxFree Online Shopping」サービスのメリット
(1)お客様(訪日外国人)
 1.免税が適用
   ホテルが免税店扱いになるため消費税分を安く購入できます。 
 2.買い物時間の短縮
   訪日前に商品を予約しているため移動時間が短縮でき、宿泊先で確実に商品が受け取れます。
 3.商品購入予約が多言語で可能 
   多言語に対応した専用WEB サイトから予約できます。
   ※実証実験開始時は中国語(簡体字)のみとなりますが、今後、対応言語を増やしていく予定です。
(2)ホテル
 1.お客様が予約した商品と宿泊者名簿との照合作業軽減
  「eTaxFree-Japan TaxFree Online Shopping」システムにより、お客様の到着前に荷物の依頼主と宿泊者名簿との照合作業ができるため、よりスピーディーかつ確実な受け渡しが可能となり、スタッフの負担軽減が図れます。
 2.保管スペースの有効活用
   訪日外国人のチェックイン日に合わせて、YSDが荷物の到着をコントロールするため、限られたスペースを有効活用しやすくなります。
(3)メーカー
 1.新たな販路の構築
   訪日外国人への自社商品PRと、新たな販売チャネルの確立が可能になります。

今回の取り組みが進めば、実店舗を持たないメーカーにとっても販売チャネルが増えることとなり、ますますインバウンドによる売上が期待できることとなります。また、訪日外国人にとっても人気商品を事前に予約することで、店頭で売り切れてしまってがっかり、といったことがなくなるので、日本での買い物が更に楽しく感じることでしょう。

クレジット:日本ホテル株式会社プレスリリースより

訪日中国・台湾人の訪日中SNS利用状況

暢遊日本アプリ商品スキャンは簡体字:村上隆グッズ、繁体字:パブロンがトップ!

関連記事

  1. 新宿ミロード全120店舗で「Alipay」が利用可能に

    2018.08.30
  2. ローソン、「GINZA SIX」内にツーリストサービスセンター『TERMINAL…

    2017.05.26
  3. 三菱地所、都心型商業施設「エムズクロス表参道」を9月に開業

    2017.08.16
  4. 東京・戸越銀座商店街がマナー向上推進に向けた「3本の矢」を実施

    2017.06.26
  5. 百貨店売上が外国人売上高19か月連続のプラス

    2018.07.30
  6. 国土交通省、お祭りや地域イベントの時の「免税」拡充要望へ。2019年度税制改正要…

    2018.08.31
PAGE TOP