Loading

インバウンド ビジネス

中国語圏の訪日旅行者向けメディア『暢遊日本』をはじめ
貴社のインバウンドビジネスがさらに加速する
さまざまなソリューションをご紹介しています
資料請求・お問い合わせ

NEWS

WILLERが提案する新しい観光スタイル第2弾 「ツーリストタクシー」のコースが拡大!

移動ソリューションを提供するWILLER株式会社が、タクシーを活用した新しい観光スタイル「ツーリストタクシー」第2弾となる新コースの提供を、2018年11月20日(火)より開始することを発表しました。

日本の大都市では、昨今の訪日観光客の増加により、公共交通機関や観光地の局地的な混雑が課題となっている一方で、地方都市では、隠れスポットやご当地B級グルメなどの観光資源は存在するものの、認知度の低さやアクセスの困難さ等で観光客数の伸び悩みが課題となっています。
また、観光客からは朝や夜の空き時間を生かして行動したいが、複数の観光地を繋ぐ公共交通機関が無いために実現できない、または行きにくい等の声も挙がっています。

「ツーリストタクシー」は、公共交通機関だけではアクセスしづらい場所や、今まで顕在化されていなかったコアな観光地を結ぶ新しい観光スタイルとして、2018年9月よりWILLER株式会社が運行を開始しているサービスです。タクシーを用いて複数の観光地を巡ることで、乗り換えを必要とせず、手ぶらでのスムーズな移動を可能にするだけではなく、経験豊富なドライバーによる地元ならではの情報が得られるなど、より充実した個人旅行を楽しむことができるため、増加傾向にあるFIT旅行者に最適です。

新コースでは、朝の空いている時間に有名観光地に向かい、朝食をとった後に昼間の観光に向かう「早朝コース」と、夜景やイルミネーションなど夜の観光地を複数巡り、お食事処までお届けする「ナイトコース」の2種類です。金沢では兼六園等を周る早朝コースと雅な雰囲気を楽しめる東山ひがし茶屋街当を回るナイトコースの2本立て、東京は移転仕立ての豊洲市場を楽しむ早朝コース、夜景が有名な神戸・長崎はナイトコースが新たに加わります。

WILLER株式会社はオリジナルのコースを中心に展開することで、潜在的な観光地の魅力の活性化を図れるだけではなく、“集中型から分散型”をテーマに早朝や夜の観光を実現でき、混雑緩和に繋がると考えているとのことで、インバウンドにおける需要と課題解決をマッチングさせた画期的なサービスとなっているのではないでしょうか。

クレジット:WILLER株式会社プレスリリースより

暢遊日本アプリ商品スキャンは簡体字:村上隆グッズ、繁体字:パブロンがトップ!

2025年大阪での万博開催決定!

関連記事

  1. 完全無料の無線LANサービスを開始 東京空港交通のリムジンバス全401両で

    2017.12.20
  2. 白馬と志賀高原をダイレクトに結ぶ アルピコ交通と長電バスが高速バスの共同運行を開…

    2017.12.25
  3. 最近の訪日旅行者の訪日目的

    2018.03.26
  4. 便利なシェアリングサービスを待つ日本人 多すぎる規則が足かせ

    2017.06.28
  5. 訪日旅行客に対応、「デジタルJR時刻表Pro」にマルチリンガル機能を追加

    2017.07.10
  6. JTB、台湾ファミリーマート全店で日本国内の「レジャーチケット商品」販売

    2017.09.07
PAGE TOP