Loading

インバウンド ビジネス

中国語圏の訪日旅行者向けメディア『暢遊日本』をはじめ
貴社のインバウンドビジネスがさらに加速する
さまざまなソリューションをご紹介しています
資料請求・お問い合わせ

NEWS

2025年大阪での万博開催決定!

日本時間24日未明、フランス パリで2025年の万博(国際博覧会)の開催国が各国の投票により決定し、55年ぶりに大阪で開催されることとなりました。大規模な万博としては2005年の愛・地球博(愛知県開催)以来となります。

立候補したのは日本の他、ロシア(エカテリンブルク)、アゼルバイジャン(バクー)の計3か国で日本以外の2か国はいずれも初開催をアピールしました。しかし、過去の開催実績や運営能力の高さなどが評価され、大阪での開催が決定しました。

開催場所は大阪市の湾岸エリアにある「夢洲」であり、テーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」で人工知能(AI)や仮想現実(VR)などを体験できる「最先端技術の実験場」にするコンセプトを掲げています。150か国の参加を見込み、5月3日~11月3日の185日間で国内外から約2,800万人の来場を想定しています。

万博はオリンピック同様、インバウンドによる経済効果が期待できるビッグイベントです。今回の万博による経済効果は2兆円とされており、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに続く、大きな経済効果が見込めます。

既に万博の開催に伴い、開催場所である夢洲にIR(=Integrated Resort/カジノやホテル、会議場等の統合型リゾート)開業を目指しており、湾岸エリアの再開発や公共交通機関の延伸等、様々なインフラ整備が期待できそうです。

WILLERが提案する新しい観光スタイル第2弾 「ツーリストタクシー」のコースが拡大!

志賀高原プリンスホテル 東館での全面禁煙を実施

関連記事

  1. ジャルパック、ラグビーW杯を見据え豪州発の訪日ダイナミックパッケージを発売

    2018.07.31
  2. パンダ香香(シャンシャン)の大人気、動物園の入場者数は400万人を突破!

    2018.05.22
  3. Wi-Fiを整備し提供を開始 津軽海峡フェリー

    2017.12.19
  4. 「民泊新法(住宅宿泊事業法)」成立、外国人観光客の宿泊場所不足解消に期待

    2017.06.13
  5. インバウンドの最新サービスを紹介! 広島国際会議場でビジネスフェア!

    2017.06.12
  6. 27年ぶり新税!「国際観光旅客税法」成立

    2018.07.18
PAGE TOP