Loading

インバウンド ビジネス

中国語圏の訪日旅行者向けメディア『暢遊日本』をはじめ
貴社のインバウンドビジネスがさらに加速する
さまざまなソリューションをご紹介しています
資料請求・お問い合わせ

NEWS

新潟市が「映え」ポイントをまとめた「#新潟グラマーマップ」を作成

新潟県新潟市では写真共有型SNSであるインスタグラムの投稿データをもとに、新潟市の人気スポットを紹介するマップ「#新潟グラマーマップ」を作成したことを発表しました。

これは新潟市が2017年12月から2018年2月に行ったインスタグラムキャンペーン「#新潟グラマー」の投稿をベースに、膨大な投稿データを分析し、ユーザーが魅力的だと感じているポイントをマッピングしたものです。「#新潟グラマー」とは「新潟」+「インスタグラマー」の造語で、新潟市のインスタジェニックな情報を発信する人のことです。

マップでは、「#新潟古着」など、観光スポットとは言えないような場所でも多く発信されているものもあり、ユーザー目線での人気スポットが紹介されています。

「#新潟グラマー」WEBサイト:https://iju.niigata.jp/ig/

インスタグラムのハッシュタグを使ったキャンペーンは現在多くの企業や自治体が取り組んでおり、ファン層の拡大やプロモーションを目的としています。また、インスタグラムが世界中で使用が可能なSNSであり、うまく活用すれば多くの人々に知ってもらうことができるため、インバウンド対策としても有効なツールです。

海外におけるインスタグラムの利用率は日本以上に高い国も多くなっています。アジアにおける利用率を対人口で見ると日本が16%であることに対して、シンガポール42%、香港36%、マレーシア32%、台湾30%と関心の高さがうかがえます。マイナビにおいて、フリーペーパー「暢遊日本」読者に訪日旅行中のSNS利用状況を調べたところ、インスタグラムでの情報シェア率は高くなっていました。

上述した国の特徴として、中国語話者が多い点が挙げられます。香港・台湾は当然ですが、東南アジアにおいても華僑が多く住んでおり、中国語話者が多いのです。そのため、文章やハッシュタグを中国語にするだけで、多くの人々にリーチする可能性があります。

 

もし貴社がインスタグラムのアカウントをお持ちであれば、インバウンド対策として活用が可能です!
マイナビではインスタグラムのアカウント運用代行やインフルエンサーを使用した拡散キャンペーン等を実施しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

 

クレジット:新潟市プレスリリースより

越後湯沢温泉観光協会で外国人向けに通訳開始

話題のキャッシュレス決済PayPayとアリペイが提携

関連記事

  1. 福岡天神の屋台、キャッシュレス決済普及へ実証実験開始

    2018.08.21
  2. 中国人が称賛する日本の都市、一方で進む衰退の影–カギは”…

    2017.08.17
  3. 西鉄、初の本格的な観光列車を導入–レールは人をつなぐ時代へ

    2017.06.19
  4. 「#kyotoside」–京都府、知られざる京都の写真・映像を「In…

    2017.07.11
  5. 中国家計資産2千兆円、米国に次ぎ世界第2位–不動産資産が40%

    2017.06.20
  6. 観光庁「国際観光旅客税法」可決に沿い、外国人受け入れに達成すべきサービス水準を示…

    2018.08.17
PAGE TOP