Loading

インバウンド ビジネス

中国語圏の訪日旅行者向けメディア『暢遊日本』をはじめ
貴社のインバウンドビジネスがさらに加速する
さまざまなソリューションをご紹介しています
資料請求・お問い合わせ

NEWS

話題のキャッシュレス決済PayPayとアリペイが提携

ipadをPayPayで購入したら全額キャッシュバック!
そんな夢のようなキャンペーンが12月4日からスタートし、世間を賑わせています。

これは2018年6月にソフトバンクとヤフージャパンが設立した合同会社であるPayPay株式会社が仕掛けた「100億円あげちゃうキャンペーン」によるものですが、なぜそのようなキャンペーンが実施されているのでしょうか。その背景には日本のキャッシュレス決済が浸透していないことにあります。

日本のキャッシュレス決済の比率は18.4%と先進国のなかではかなり下位となっています。なお、昨年訪日客数のなかで最も多かった中国(2017年の訪日客数:約740万人)60.0%、2番目の韓国(2017年の訪日客数:約714万人)では89.1%と脅威の数字です。※http://www.meti.go.jp/press/2018/04/20180411001/20180411001-1.pdf 経済産業省商務・サービスグループ消費・流通政策課「キャッシュレス・ビジョン」経済産業省,平成30年4月 最終閲覧日:2018年12月11日

安倍政権はキャッシュレス化を推進しており、消費税増税のタイミングでキャッシュレス決済のみポイントバックを景気対策として検討をしています。現金払いを続けるにはATMの維持や店舗での精算といったコストが馬鹿にならないため、それらの継続が労働力が減少している日本では今後困難であることは明らかです。

そこで、PayPayを使用すればキャッシュバックという魅力的なキャンペーンを実施することで、キャッシュレス決済に対する理解や抵抗を減らしてもらうことを目指しているのです。

中国や韓国のキャッシュレス決済が進んでいることは先述しましたが、海外ではクレジットカードや電子マネーをはじめとしたキャッシュレス決済が”あたりまえ”となった国は少なくありません。そのため、インバウンド対策としてクレジットカードや中国の銀聯カード、アリペイ等の決済システムを導入する店舗は増加傾向にあります。

今回、PayPayを導入した店舗では自動的にアリペイが使用できるようになりました。これはPayPayとアリペイが連携したことにより、PayPayのQRコードをアリペイアプリで読み取ることで決済が完了するためです。PayPay加盟店に訪日中国人の来店促進を実施し、インバウンド消費を支援していくことになるのではないでしょうか。

新潟市が「映え」ポイントをまとめた「#新潟グラマーマップ」を作成

スマホ利用率の高い訪日客もモバイルバッテリーのシェアで充電は問題無し!

関連記事

  1. 京都のコミック融合型カプセルホテル「コミカプ」にビットコイン決済導入

    2017.06.14
  2. JR九州はアリババと協業する。

    2018.08.17
  3. NTTドコモ、訪日外国人向けプリペイドSIMサービス「Japan Welcome…

    2017.06.27
  4. 訪日中国・台湾人の訪日中SNS利用状況

    2018.11.15
  5. 東京・戸越銀座商店街がマナー向上推進に向けた「3本の矢」を実施

    2017.06.26
  6. 福岡天神の屋台、キャッシュレス決済普及へ実証実験開始

    2018.08.21
PAGE TOP