Loading

インバウンド ビジネス

インバウンドビジネス
中国語圏の訪日外国人向けメディア『暢遊日本』をはじめ
貴社のインバウンドビジネスがさらに加速する
さまざまなソリューションをご紹介しています
資料請求・お問い合わせ

NEWS

スマホ利用率の高い訪日客もモバイルバッテリーのシェアで充電は問題無し!

オーロラ株式会社は12月1日より松坂屋上野店、多慶屋セレクト上野店等の上野エリアにある施設・店舗でモバイルバッテリーのシェアサービス「ChargeMe(チャージミー)」を開始しました。

「ChargeMe」は、モバイルバッテリーのシェアリングサービスです。モバイルバッテリーは、店舗などに設置された「モバイルバッテリーステーション」で借り、返す時は「モバイルバッテリーステーション」に挿し戻すだけというシンプルなシステム。設置店舗であれば、どこでも返却できるという場所を選ばない利便性が大きな魅力となっています。

料金は30分あたり100円、2時間以上になると24時間あたり500円。2,000円で買い取りも可能というリーズナブルな価格。支払方法はクレジットカードのほか、各種電子決済に対応しています。なかでもAlipayも対応しているということで、インバウンド対応はバッチリです。

日本人でさえ、スマホの充電がなくなってしまうと不安になる人が大半のなか、土地勘のない訪日客は殊更であり、訪日客の多いエリアでこのようなサービスが展開されるのはとても画期的なことではないでしょうか。

中国では2017年、人口の約半分である約7.72億人がネットユーザーであり、うち97.5%がスマホユーザーとなっています。1週間のうち27時間をインターネットに費やしているとされ、一日平均で4時間近くインターネットをしている計算となります。※中国互联网络信息中心「中国互联网络发展状况统计报告」2018年3月

もし、訪日中も同じペースでスマホを利用していると仮定すると、充電切れが心配になるでしょう。そんな状況において、モバイルバッテリーのシェアサービスは”おもてなし”の一環として、利用されるのではないでしょうか。

クレジット:オーロラ株式会社プレスリリースより

 

話題のキャッシュレス決済PayPayとアリペイが提携

全国初!一律2%の宿泊税

関連記事

  1. 「アリペイ」の日本人向けサービスが来春開始–訪日客向けネットワーク活…

    2017.08.16
  2. 中国・四川省の九寨溝の被災地に観光客3万5千人、9日中に全員避難へ

    2017.08.09
  3. 中国人観光客の消費額が減少、前年比17%減–買い物はネットで、宿泊費…

    2017.07.14
  4. UnionPay(銀聯)、優待クーポンサービス「優計画」を日本で提供開始

    2017.05.26
  5. ドラッグストア5月インバウンド消費、購買単価は減少だが全体平均比8倍以上

    2017.06.26
  6. 国慶節に訪日中国人がやりたい事ってどんなコト!?–男女とも「民宿」が…

    2017.09.13
PAGE TOP