Loading

インバウンド ビジネス

中国語圏の訪日旅行者向けメディア『暢遊日本』をはじめ
貴社のインバウンドビジネスがさらに加速する
さまざまなソリューションをご紹介しています
資料請求・お問い合わせ

NEWS

【祝】訪日客3,000万人突破!

 訪日客が3,000万人を初めて突破したとのニュースをご覧になった方は多いのではないでしょうか。2018年は総計3,100万人と予想されており、2020年の4,000万人目標に向けて、着々と進んでいることが伺えます。

 その3,000万人の内訳を紐解いていくと、それだけで色々なことが分かることをご存知でしょうか。

 現時点で日本政府観光局(JNTO)より、2018年10月までの推計データが出ていますが、訪日客数は2,610万人となっています。国・地域別データのトップ3は①中国(約716万人)、②韓国(約626万人)、③台湾(約406万人)の順で東アジアが占めることとなりました。これは街の様子をご覧いただいてもわかるかと思います。

 しかし、前年比伸び率で見るとトップ3はガラッと変わっていきます。①ベトナム(25.1%)、②ロシア(24.5%)、③イタリア(21.0%)と、この予想は難しいのではないでしょうか。訪日客数トップである中国が15%強ですが、それ以上の伸び率はトップ3以外にスペイン、フィリピン、タイがあります。伸び率が高い背景には国を挙げてのプロモーションや就航便の増加等があります。

 このように、3,000万人突破といえど、色んな視点から見ると面白い訪日客数のデータ。興味があるかたはぜひ一度日本政府観光局(JNTO)のホームページをご覧になってはいかがでしょうか。

参考データ: 日本政府観光局(JNTO)

 

中華圏の冬至の過ごし方と休日カレンダー

屋台でも免税対応ができる!?免税店の臨時出店手続き簡素化を検討

関連記事

  1. ジャルパック、ラグビーW杯を見据え豪州発の訪日ダイナミックパッケージを発売

    2018.07.31
  2. CBREが日本の地方都市(札幌、名古屋、福岡)のホテル市場について2020年の見…

    2018.07.30
  3. 話題のキャッシュレス決済PayPayとアリペイが提携

    2018.12.11
  4. 訪日中国人の買い物は銀座と心斎橋、情報収集時期は1ヶ月前から2週間前

    2018.08.06
  5. 新潟市が「映え」ポイントをまとめた「#新潟グラマーマップ」を作成

    2018.12.07
  6. 1人1,000円の出国税 今日からスタート 訪日客にとってネックになるのか?

    2019.01.07
PAGE TOP